デジカメ仕様表(スペック)の見方~レンズ「開放F値」

仕様表(スペック)

開放F値はレンズの性能を知る上での重要な数値です。

開放F値とカメラ側の絞り値(F値)とは何が違うのか、開放F値の意味と評価方法についてご説明します。

開放F値はレンズによる光の減衰量を絞り値に見立てたもの

開放F値とは、光がレンズを通る間に減衰する量を、絞り値に置き換えた値です。

絞りは光の量を調整するための機構で、カメラの操作で変更することが出来ます。

しかし、レンズで減衰する量はカメラ側でどうすることも出来ません。

そこで、減衰量を絞りを絞った事に見立てて表現したのが開放F値です。

言い換えると、カメラ側では全く絞っていない状態で、レンズが光を弱めた(=絞った)値の事です。

単焦点レンズはレンズの枚数が少ないので、開放F値を小さくしやすく、それが一つの売りになっています。

例えば、F2.8や、F2.0、F1.8 という小さな開放F値が作りやすいのです。

一方、ズームレンズで開放F値を小さくしようとすると、レンズの径を大きくする必要が生じるため、ボディサイズとコストが跳ね上がってしまいます。

そこで、価格とサイズ(重さ)、性能のバランスを考えて、製品の開放F値を決めているのです。

屋内や夕景・夜景では、開放F値が小さいレンズを選ぼう

ズームレンズの場合は、開放F値がF2.8だとかなり優秀な方で、多くの場合はF3.3とかF4.0になってしまいます。

また、ズームするほど開放F値が大きくなるので、ズームを最大にした場合、F6.0やF6.9 という大きな値になります。

開放F値が大きいと、光の量が大きく減衰するため、特に光が少ない屋内や夕景、夜景ではカメラはISO感度を上げようとします。

ISO感度が上がると、それに伴ってノイズが増えてしまうため、結果的に画質が低下することになります。

屋内や夕景、夜景での撮影が多い場合は、できるだけ開放F値の小さい製品を選びましょう。

まとめ

それでは、まとめです。

  • 開放F値とは、光がレンズを通る間に減衰する量を、絞り値に置き換えた値
  • 屋内や夕景・夜景など、光が少ない場所で撮影するのであれば、出来るだけ開放F値が小さい方が有利

コメント

タイトルとURLをコピーしました