今でも現役、SONY 初代 RX100 で背景をぼかそう

背景をぼかした写真を撮影する場合、イメージセンサーが大きく、明るいレンズを搭載しているほどボケが大きくなります。

詳しくは、こちらをご覧ください。

ソニーRX100 は、小型ボディに 1型のイメージセンサーを搭載していますので、一般的な 1/2.3型イメージセンサーより綺麗にボケてくれるはず。

そこで、どれくらい背景がボケるのか実験してみました。

amazon で買った撮影ボックスに、100円ショップで買ったグッズを置いて、早速撮影です。

被写体と背景の距離が遠いほど、よくぼけてくれるのですが、今回は、被写体と背景(花とうさぎ)の距離を、約10センチにしてみました。

まず、フルオートで撮影した写真です。

被写体とレンズの距離は、おおよそ10センチです。

カメラが選択した設定値は、シャッター速度 1/100秒、 絞り値 F4、ISO感度 125 という結果になりました。

これでも、そこそこボケてますね。

今度はもう少し被写体に近づいてみましょう。

被写体とレンズの距離は、おおよそ5センチです。

カメラが選択した設定値は、シャッター速度 1/100秒、 絞り値 F3.2、ISO感度 125 という結果になりました。

被写体とカメラ(レンズ)の距離が近いほど、ボケが大きくなりますが、先ほどの写真に比べて、背景がよくボケていますね。

オートで撮影する場合、これが限界です。

なにしろ、RX100の最短撮影距離は5センチなので、これ以上被写体に近づくことが出来ません。

そこで、絞り優先モードで撮影してみます。

まずカメラ上部のモードダイアルを絞り優先モード(Av)に設定し、レンズの付け根にあるリングを回して、絞り値が F1.8になるように設定します。

液晶モニタをのぞいたら、こんな感じになります。

では、撮影してみましょう。

今回は絞り値をF1.8 に設定したので、シャッター速度 1/100秒、 絞り値 F1.8、ISO感度 125 という結果になりました。

どうですか。更に背景がボケてますね。

ただ、被写体の猫と熊の輪郭のボケが、ちょっと目立ってきちゃいましたね。

ということで、RX100 を使って、背景をボカした写真が撮影できました。

輪郭のボケを少なくしつつ、背景を今と同じくらいボケさせたいのであれば、レンズと被写体(猫と熊)の距離を少し離して輪郭のボケを小さくすると同時に、猫と背景(花とうさぎ)の距離も少し離す必要があります。

レンズと被写体の距離が離れると、被写体の輪郭がハッキリする分、背景のボケ量が小さくなるので、それを補うために被写体と背景の距離を離して、背景のボケ量を大きくするという考え方です。

背景がボケると被写体が浮き出て、それっぽい写真が撮影できますので、是非挑戦してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*