スマホがあればコンデジは不要?Xperiaで夜景撮影(窓越しの夜景編)

製品レビュー

12月は一年の中で、一番夜景が多い時期ですね。

クリスマス前後は電飾のツリーなんかも飾られて、思わず立ち止まって撮影したくなります。

夜景撮影は結構ハードルが高いのですが、その中でも特に建物の中から町の夜景を撮影する場合は、更にハードルが上がります。

屋内での夜景撮影で一番問題なのは、やはり窓ガラスの映り込みです。

 

周りの人や自分の影が窓ガラスに反射し、写真に写りこんでしまうというものです。

その時は綺麗に撮れたと思っていても、後で写真を見た時に映り込みがあったら、ガックリですよね。

なんせ展望台に登るだけでも千数百円掛かるわけですから・・・

では、この映り込みを無くす方法は無いのでしょうか?

実は、これを防ぐ最も簡単な方法は、窓にレンズを密着させるという方法です。

 

ということで、この撮影方法は、実はコンデジよりスマホの方が向いています。

なんせ、スマホは薄べったいものなので、窓にしっかり密着させることが可能です。

ただ、周りの人の目があると、ちょっと恥ずかしいかもしれませんが、そこは無視しましょう。

ということで、Xperia ZX1で撮影した2枚です。

これ、梅田スカイビルの空中庭園展望台から撮影した写真です。

クリックすると拡大され、更にクリックすると等倍の写真が閲覧できます。

XZ1はオートで撮影したので、特に設定はいじってないのですが、夜景として適正な露出になっていました。

同じようにRX-100でも撮影してみたのですが、露出の適正さはZX1の方が優れていました。

この辺は、時代の差を感じますね。

スマホを密着させる方法ですが、残念な点が1つあって、撮影アングルが自由に変えられないという点。

そりゃそうですよね。窓に密着させている訳ですから。

でも、それは仕方がない事なので諦めましょう。

制限のある中で、最大限の撮影をするというのも撮影の面白さです。

そして何より、スマホでここまでの撮影ができるという点が凄いと思いませんか?

私は改めてスマホの進化を感じました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました