スマホがあればコンデジは不要?Xperiaでカメラ性能を検証(高感度撮影編)

製品レビュー

Xperia ZX1のISO感度を変更した場合、画質がどうなるかを実験してみました。

全体的に暗めの写真になっていますが、全体的に白い面積が多いので、Xperiaが光が多いと判断して、暗めに撮影したのだろうと思います。

色々なカメラ関係の製品レビューで、ISO感度を変更したときの写真が掲載されていますが、多くの場合は光の量が十分確保されている状況です。

同じISO感度でも、光が少ない方がノイズが目立つので、あまり綺麗に(光を十分取り入れて)撮影してしまうと、私たち一般ユーザーが気軽に撮影した画質とかけ離れてしまう場合があります。

今回はISO感度の実験なので、むしろ若干暗めの方が実情に合っているかなと思い、そのまま掲載しました。

実験結果

さて、実験結果の発表です。今回は下記の写真を撮影し、黒枠の部分を等倍で掲載しています。

最初に、クマの等倍写真です。

ISO100まではノイズ感が少ないですが、ISO200から若干ディテールがつぶれてきます。

ISO400からISO1600までは、段階的に少しづつノイズが増えている感じですが、ISO3200になると、完全にディテールがつぶれてしまいます。

今度は、ウサギの耳を見てみましょう。

やはり細かい描写は苦手のようで、ISO50でも毛先がつぶれてしまっています。

ISO100からISO1600までは、似たような画質になっていますが、ISO3200だと完全にのっぺりとした画質です。

結論

等倍で確認すると、クマのISO50とISO100以外はガッカリした方もいらっしゃると思いますが、何分センサーサイズが 1/2.3型なので、仕方ないところです。

また、多少塗り絵状態に見えるのは、SONYの画像エンジンの性格によるものなのですが、これが貢献しているのか、等倍ではなく画面一杯に表示させた時、メリハリがあってパッと見た感じ、とても綺麗に見えます。

さすがにISO3200になると、ちょっと輪郭が甘くなってしまいますが、それでも普通に鑑賞する分には、ほとんど気にならないレベルです。

さすがというか、凄いというか、やはりコンデジと遜色の無い画像を叩き出しているという感じがします。

 

Xperia ZX1 のオリジナル写真

オリジナルの写真も掲載しておきます。

写真をクリックすると画面一杯に拡大され、更にクリックすると等倍の写真が表示されます。

ISO50

ISO100

ISO200

ISO400

ISO800

ISO1600

ISO3200

コメント

タイトルとURLをコピーしました