口コミから見たPowerextra互換バッテリーの評価

今回は、Powerextra互換バッテリーに関する amazon の口コミ378件について、User LocalテキストマイニングツールというフリーのWebツールを使って分析してみました。

ワードクラウドによるPowerextraの評価

ぱっと見ると「バッテリー」「純正」「充電」という3つのキーワードが目立ちます。
互換バッテリーの口コミは純正品との比較が中心になるので、「バッテリー」「純正」の2つが大きく表示されるのは分かりますが、「充電」というキーワードが何故こんなに大きく表示されているのでしょうか?

ということで、「充電」というキーワードを含む口コミを詳しく見てみると、驚愕の事実が・・・

充電に関する不具合が多数報告されていました。その数は47件。
補足ですが、口コミの内容で不具合と言い切れない内容もあったので、この47件は私が明らかに不具合と判断した件数です。また、2個セットで購入されている方で、2個とも不良だったケースがいくつかありましたが、それは1件としてカウントしています。

さて、今回は378件の口コミを対象にしているので、ざっくり12%の不良率となります。

具体的な不良の内容は以下の通りですが、充電に関するトラブルがほとんどの様ですね。

  • カメラの残量表示が当てにならず、いきなりバッテリーが切れる
  • カメラが純正と判断してず、使えない。或いは使えても残量表示されない
  • 最初は使えていたが、数カ月で満充電しても、すぐバッテリー切れを起こすようになった
  • 買った直後から、あるいは数回使った後で、全く充電できなくなった
  • 100%充電できない(40%~80%で止まる)
  • 一緒に買った充電器で充電できない
  • 満充電で放置すると1~2日で50%になっている
  • ハイスピード連写が出来ない(電圧が低い?)
  • 液晶に縦の線が多数表示され、色も薄くなった(電圧が低い?)

ただ、販売先に連絡すると、迅速に新品が送られてくるようなので、サポート体制はしっかりしているみたいです。
初期不良、数カ月~半年で突然使えなくなるというケースは、どこの互換メーカーにも当てはまりますが、カメラが純正と認識してくれはい不具合はPowerxtraに目立ちます。

文書ごとの出現頻度による単語分類

さて、右端のPowerextraにだけ登場するキーワードの中で、「充電器」「減る」「警告」「返品」「丁寧」が登場していますね。
これは、「付属の充電器で充電できなかった」、「充電しても1~2日でバッテリーが減る」、「カメラが純正だと認識せず警告が出る」、「不良品を返品したら丁寧に対応してくれた」ということだったんです。

口コミの文書要約

では、最後に口コミの要約結果を載せておきます。
ROWA、ATTOZENと見てきましたが、文書要約で不具合の口コミが含まれたのは、Powerextraが初めてです。

ある日突然充電切れとなり、カメラの電源が入らなくなるのです
純正より容量が多いことになているがその差は感じられない むしろ使用時間は短く感じる表示されている
バッテリー残量と実際の残量が合ってないのか、いきなりカメラの電源が入らなくなる
SX620HSの純正バッテリーが高価なのと、あくまでバックアップ用なのとレビュー参考に購入しましたが、何ら問題なく使えております
純正に比べるとかなり安いので気軽に使えますが、劣化しないかはこれから使ってみて判断してみようと思います
他の方のレビューを見て購入したのですが、SX620でちゃんと認識するし、純正の充電器も問題ありませんでした
純正品と同じように使えています(交互に充電して使っています)
届いてすぐ純正チャージャーで充電しようとしたらできず、Pawerextraさんに問い合わせたところ、代品がすぐ届いた
認識等に関しても特に問題もなく良い
試験的に純正電池は使わずにこの製品を使用して 250枚撮影後も残量が3本のままでした
純正バッテリーがあまりにも高いので、これを購入しました
純正より長持ちしますが、純正でないので、カメラに入れると「充電できないバッテリーですが使いますか?」みたいなメッセージが出ます

コメント

タイトルとURLをコピーしました