ユーザーレビューから見たキャノンSX720 VS ニコンA900対決

製品情報

価格COMとアマゾンには購入者のユーザーレビューが数多く寄せられています。
そこで、ユーザーレビューの文書をテキストマイニングと呼ばれるデータ分析手法を用いて、購入者が抱いている商品の思いや特徴をまとめてみようかと思います。

つまり、実際に購入したユーザーが、購入後どんな評価をしたかをユーザーレビューから探ってみようといいう訳です。

今回は、SX720HS については165件、A900 については 154件のユーザーレビューを、無料のテキストマイニングツール「UserLocal」 に投入して分析しました。

今回比較する製品

共に高倍率ズームを備える同価格帯の普及機です。

価格COM売れ筋ランキング(2018年8月1日現在)8位9位
メーカーキャノンニコン
品名PowerShot SX720 HSCOOLPIX A900
 
発売日2016年 3月3日2016年10月28日
最安値(2018年7月29日現在)23,526円24,790円
製品名PowerShot SX720 HSCOOLPIX A900
メーカーCANONニコン
シリーズ名PowerShotCOOLPIX
店頭価格最低2468225980
店頭価格最高2768036800
総画素数21102114
有効画素20302029
裏面照射
素子種類CMOSCMOS
素子サイズ1/2.31/2.3
素子ピッチ0.01350.0135
ローパスフィルターレス  
光学ズーム4035
焦点距離24mm~960mm24mm~840mm
最短撮影距離(マクロ)11
F値F3.3~F6.9F3.4~F6.9
マニュアルフォーカス 
デジタルズーム44
シャッタースピード1~1/3200 秒1~1/2000 秒
撮影感度通常:ISO80~3200通常:ISO80~3200
最短撮影距離1cm(標準)1cm(マクロ)50cm(標準)1cm(マクロ)
記録メディアSDカードSDHCカードSDXCカードSDカードSDHCカードSDXCカード
記録フォーマットJPEGJPEG
内蔵メモリ 
起動時間1.7 
液晶モニター3インチ92.2万ドット3インチ92万ドット
タッチパネル  
ファインダー無し無し
ファインダー方式  
電池タイプ専用電池専用電池
専用電池型番NB-13LEN-EL12
撮影枚数250270
連写撮影5.9120
GPS機能  
防水性能  
インターフェースマイクロUSB2.0、HDMIマイクロ端子マイクロUSB2.0、HDMIマイクロ端子
USB充電
クレードル付属  
動画撮影サイズ1920×1080(フルHD)3840×2160(4K)
4K対応 
記録方式MP4(映像:MPEG4-AVC/H.264、音声:MPEG4 AAC-LC(ステレオ))MP4(映像:H.264/MPEG-4 AVC、音声:AACステレオ)
フレームレート59.9429.97
最長撮影時間メモリ容量に依存約50分
手ブレ補正機構光学式レンズシフト方式/電子式
360度カメラ  
タイムラプス 
自分撮り機能 
AF自動追尾機能
セルフタイマー30/25/20/15~0秒10/5/2秒
スイバル  
バリアングル液晶  
チルト液晶 
バルブ撮影  
顔認識
3D撮影  
備考顔検出顔認識AF/笑顔自動シャッター
Bluetooth対応(常時接続)
Wi-Fi  
Wi-Fi_Direct対応
NFC
PictBridge対応  
幅x高さx奥行き109.7×63.8×35.7 mm113×66.5×39.9 mm
重量本体:245g総重量:270g総重量:299g
カラーブラックレッドブラックシルバー

ワードクラウドの結果

文書の中で頻繁に登場する単語ごとに、その登場回数と、その単語がどれくらいの文書に共通して使われているかを計測し、数学的な重みづけ=スコアを算出します。
そして、スコアの大きい単語を大きく、少ない単語を小さく書いた絵がワードクラウドです。

どちらも撮影、ズーム、カメラという単語が大きく書かれています。これはレビュー記事で頻繁に登場する単語だからです。本当はこれらの単語を省いた方が、より特徴的な単語が出ると思いますので、それは次回に委ねましょう。

結果、どちらも同じですね。まあ当然といえば当然の結果です。よく似た値段帯で、大きさやズームもほぼ同じなのですから。

ただ、SX720HSにはコンパクトという文字がありますが、A900にはありません。逆に、A900にはBluetoothやSnap、デザインという言葉が登場していますが、SX720HSにはありません。この辺が違いというところでしょうか。

特徴語マップ

ある単語がどちらの製品によく登場しているか、その単語がどれだけ特徴的な単語かをマップにしたものです。

例えば、A900側に「Snap」「Bluetooth」「再生」「うまい」という単語が登場していますが、これはA900側のレビューに偏って登場している単語だと解釈します。

逆に、「画質」「撮影」「気に入る」などは真ん中に登場しているので、SX720HSとA900のどちらにも登場しているという事になります。

次に、「望遠」や「ズーム」は上の方に登場していますので、その製品の特長を表している単語だと解釈します。「望遠」や「ズーム」はSX720HS側に偏っていますので、若干SX720HSの方に多く登場していたのでしょう。

逆に、「くれる」とか「見る」は、登場回数こそ多いものの、文書のどこにでも登場しそうな言葉なので、真ん中の下に登場していますね。

次に、上限の指標を「ポジティブ」と「ネガティブ」に変えた図を見てみましょう。

ポジティブな単語として「良い」「満足」「使える」「欲しい」というのが登場していますね。おおむねユーザーは満足しているという事でしょうか。

逆に、「にくい」「悪い」という単語がネガティブ側に登場しています。まあどんな製品にも悪い点はあるので、それは良しとして、特に悪い評価が偏っていないということは、どちらを選んでも問題なさそうだと判断できます。

対決結果

さて、対決結果は・・・引き分けですかね。

すみません。期待はずれだったでしょうか?

今回の結果から、とくにどちらかの製品に問題や悪さが偏って登場していないので、どちらを選んでも問題なさそうというのが結論です。

後はデザインやメーカーの好みで選んでください。

ユーザーレビューを全て目を通すと結構大変なのですが、この方法を使うと、気になるところだけ元の文書を確認すればいいので、ユーザーの評価を短時間で把握することができます。

本当は、もっと他にも一覧やマップがあるのですが、今回はこのくらいにしといて下さい。(笑)

まとめ

今回は、キャノン SX720HS とニコンの A900 について、価格COMとアマゾンに寄せられたレビューを無料のテキストマイニングツール「UserLocal」 に投入し、購入者がどちらの製品を評価しているかを調べてみました。

その結果、優劣付けがたいという結論になりましたので、あとはメーカーやデザインの好みで選んでいただければ良いかと思います。

どちらも優れた製品なので、どっちを選んでも後悔しないでしょう。

タイトルとURLをコピーしました