ソニー DSC-WX800ってどんなカメラ?失敗しないコンデジ選び

今回ご紹介するのは、SONY Cyber-shot DSC-WX800 です。

Amazonで相場を確認 楽天価格ナビで相場を確認 価格COMで相場を確認

 

1.関連記事/レビュー

製品の性能や特徴が詳しく分かるように、メーカーサイトの製品情報やレビュー記事のリンクをまとめました。
ここからメーカーの仕様表にジャンプできますが、仕様表の抜粋を「4.基本データ」に掲載していますので、ざっくりと仕様を確認したい場合はこちらをご利用下さい。

メーカーページ
ニュースリリース
仕様表
取扱説明書
デジカメWatchレビュー記事
アマゾン カスタマーレビュー
価格COM カスタマーレビュー

 

2.概要

イメージセンサーは 2110万画素 1/2.3型CMOS(裏面照射型) を搭載しており、一般的なコンデジ仕様になっています。

レンズは 24mm から720mm までの光学28倍ズームを搭載しています。

広角側は 24mm 始まりなので、旅行先などでの風景写真や、狭い室内での集合写真を撮影する時には有利ですね。

一方、望遠側は 720mm とかなり望遠に強いので、広いグランドでの撮影でも十分対応できます。

ただ、画各が狭い(=狭い範囲しか映らない)ので、スポーツなど動き回る被写体を追いかけるのは、それなりにコツが必要になります。

一眼レフでここまでの望遠を撮影する場合、レンズ代だけで安いものでも20万円前後必要になるので、コストパフォーマンをを考えると、かなり魅力的です。

勿論、手振れ補正機能も搭載しており、ズーム撮影時の手振れや、シャッター速度が遅くなりがちな室内での手振れを軽減できます。

ちなみに、マクロ撮影機能は搭載されておらず、最短の撮影距離は 5 cm までとなっています。

液晶モニタは 3インチ92.16万画素 のものを搭載しています。

動画撮影機能としては、4K(3840×2160) の撮影が可能なので、フルハイビジョンのビデオカメラよりも綺麗な動画が撮影できます。

対応する記録メディアは microSDカードmicroSDHCカードmicroSDXCカード となっています。

この製品はUSB充電に対応しているので、スマホ用のモバイル充電器があれば、どこでも充電できます。

本体サイズは 101.6×58.1×35.5 mm 重量はバッテリー込みで 233g となっています。

 

3.機能/性能レーダーチャート

私の評価基準を元に性能と用途のレーダーチャートを作ってみました。人によって意見は分かれると思いますが、参考としてお役立てください。

Cyber-shot_DSC-WX800
Cyber-shot_DSC-WX800

Amazonで相場を確認 楽天価格ナビで相場を確認 価格COMで相場を確認

 

4.基本データ

製品名 Cyber-shot DSC-WX800
発売日 2018/11/09
センサーサイズ 1/2.3型
センサー種類 CMOS
総画素数 2110万画素
有効画素 1820万画素
裏面照射
焦点距離 24mm~720mm
F値 F3.5?F6.4
光学ズーム 28倍
デジタルズーム 459倍
シャッター速度 1~1/2000 秒
撮影感度 通常:ISO80~3200拡張:6400、12800
最短撮影距離 5cm(標準)
液晶モニター 3インチ92.16万ドット
タッチパネル  
ファインダー  
GPS  
防水性能  
USB充電
動画撮影 3840×2160(4K)
最長撮影時間 約55分
連写撮影 約10コマ/秒
手ブレ補正 光学式
タイムラプス  
自分撮り
AF自動追尾
チルト
顔認識
Bluetooth
Wi-Fi  
Wi-Fi_Direct
NFC  
重量 本体:207g総重量:233g
Bluetooth
カラー ブラック系

コメント

タイトルとURLをコピーしました