2018年度版 室内撮影に最適なコンデジはこれだ!

室内撮影

室内撮影に最適なコンデジの選び方は、こちら に詳しく書いていますので、ここでは、2018年7月現在において、候補となるカメラをお伝えします。

やはりイメージセンサーが1型と2/3型では、画質のレベルが異なります。特に室内という光が少ない状況では、どうしてもノイズが目立ってくるので、1型のセンサーを搭載している製品を選びたいところです。

室内でのスナップ写真という用途では、下記の製品がお薦めです。

 

被写体が、ピアノコンクールや音楽発表会などで、ある程度舞台との距離が離れている場合であれば、さらに300mm以上のズーム搭載製品が必要となります。
ただ、1型で300mm以上となると値段も一眼レフと変わりませんので、コンデジが良いかは微妙なところです。

でも、コンパクトさはコンデジの方が上なので、手軽さという意味ではメリットがあります。となると下記の製品が候補にあがります。

被写体が、フットサルやバスケットボールなど、屋内のスポーツ競技である場合、ピント合わせ(オートフォーカス)の性能も要求されますが、コンデジでは荷が重すぎるので、ここは一眼レフをお勧めします。

ただ、上記の2製品は4K動画に対応しているので、ここは割り切って動画で撮影して後から写真を切り出すという方法もできないことはないです。

ただ、値段も半端じゃないですね。

さすがにそこまでは・・・というのであれば、イメージセンサーを 1/2.3型に下げた下記の製品をお勧めします。
この製品はズーム全域を通してF2.8であり、4K動画にも対応しています。

4K動画に対応していなくても良いなら、もう少し安い下記の製品もあります。ただ、ここまでの値段になると、明るいレンズは搭載していませんので、そこは割り切りが必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました