印刷する時に必要な画素数

昔に比べ、最近は写真を印刷することは減りましたが、もし印刷の必要が生じた場合、この記事を参考にしてください。用紙サイズと必要な画素数を一覧にまとめました。

一般に、人の目は解像度が200dpi以上の印刷物であれば、ほとんど品質の差を感じることが出来ないと言われています。

ちなみに、dpiはドット・パー・インチと呼び、1インチ(2.54cm)当たりのピクセル数の事です。

例えば400万画素で撮影した画像と2000万画素で撮影した画像をA4サイズで印刷した場合、画両者の印刷品質の違いをほとんど識別できません。

従って、A4サイズしか印刷しない場合、1600万画素や2000万画素のデジタルカメラはあきらかにオーバースペックになります。

逆に、A3以上のサイズにプリントする場合、画素数が足りないとボヤっとした写真になってしまいます。

もっとも、200dipはボーダーラインであるため、余裕を考えると240dpi以上、欲を言えば300dpiはあった方が良いかと思います。

240dpi で印刷する場合はデジタルカメラで必要な画素数に1.5倍、300dpiで印刷する場合は2.3倍を掛けることで、必要な画素数が計算できます。

例えば、A4サイズを300dpiで印刷する場合、300万画素×2.3=690万画素が必要な画素数となります。

今時のコンデジは1600万画素とか2000万画素が普通なので、あまり心配することはありませんが、A1以上のサイズで印刷する場合は画素数が不足しますので、ご注意ください。

タイトルとURLをコピーしました