画素数は多いほど良いの?

画素数が多いと写真の細かい部分まで再現できるので、解像感は良くなります。しかし、良いことばかりではありません。画素数に比例して画像サイズも大きくなり、ノイズも増えていきます。

実は、光を感じる受光部分の周りには、配線が張られています。1画素ごとに、その周辺に配線を張る必要があるため、画素数が増えると配線の面積も増えてしまいます。

結果、光を感じ取れない無駄な配線部分の割合が増えるので、画質が低下します。

この画質低下は、特に暗い場所での撮影で顕著になります。