SDカード(SDHC,SDXC)の規格、容量、速度

コンデジで使うメモリーカードにはいくつかの種類がありますので、ここでは整理しておきたいと思います。

一般的に使われているメモリーカードはSDカードと呼ばれるものです。
その昔、サンディスクとシーメンスが共同開発した「マルチメディアカード」、ソニーが開発した「メモリースティック」、富士フィルムとオリンパスが共同開発した「xDピクチャーカード」なるものがありましたが、今は市場から姿を消していますので、ここでは触れないでおきます。

また、デジタル一眼レフの一部高級機種に「コンパクトフラッシュ」というものが使われていますが、コンデジでは使われないので、これも触れないでおきたいと思います。

サイズ

さて、SDカードですが、大きさは3種類あります。

上から順位、SDカード、miniSDカード、microSDカードと呼ばれていますが、真ん中のminiSDカードは、現在ではほとんど見かけることは無くなりました。

容量

SDカードはデジタルカメラやデジタルビデオカメラの解像度、データ容量増加に合わせて規格の拡張が繰り返されてきました。
SDカードといっても今はSDHC、SDXC規格の製品が主流となっています。

SD SDHC SDXC SDUC
規格策定 1999年8月 2006年1月 2009年8月 2018年6月
対応容量 128MB~2GB 4GB~32GB 64GB~2TB 128TB

2018年6月に新しい規格「SDUC」が発表され、いきなり128TBの容量に対応するようになりました。製品化はこれからであり、製品化されても値段がとてつもなく高額になると思われるので、実際に使われ始めるのは何年も先の話だろうと思います。

1TBとか128TBと言われてもピンとこない方のために例えてみます。

SDカードが1メートルだとすると、SDHCは16メートル、SDXCは1キロメートル、SDUCは64キロメートルにもなります。

転送速度

転送速度とは、メモリカードに対して読み書きする速度のことです。

一般的に読み出しより書き込みの方が遅くなっています。

デジカメで写真を連写したとき、しばらくシャッターが押せずに待たされることがありますが、書き込み速度が遅いメモリカードだと、この現象が頻繁に発生します。

メモリカードの書き込み速度を示す表記方法には、いくつかの種類がありますので、下記の表にまとめてみました。

この中で、スピードクラスという表記方法と、USHスピードクラスという表記方法があって2つの違いがよくわからないかもしれませんが、スピードクラスはSDメモリカード対応の機器であればその速度が保証されるものであるのに対し、USHスピードクラスはコンデジ側がUSH規格に対応している必要があります。

しかし、スピードクラスもUSHスピードクラスも意味合いは同じで、「最悪でもこの速度での書き込みは保証できますよ」という意味で解釈してください。

ビデオスピードクラスについては最近使われだした表記で、ビデオ撮影で使う場合の速度の目安です。

転送速度についてですが、例えば300MB/sec と書かれているのは、1秒間に300MB書き込めるという事になります。
仮に、コンデジで撮影した写真1枚が10MBの容量だったら、1/30秒=0.3秒でメモリカードに書き込める計算になります。

その横のビットレートも転送速度を表す表現ですが、こちらは専門的な話になるのでここでは詳しく述べませんが、例えばフレッツ光やソフトバンク光などで、「1Gbps高速インターネット」とかいう表現をしているのと同じものです。

転送速度 ビットレート 倍速表示 スピードクラス表示 UHSスピードクラス表示 ビデオスピードクラス表示
300MB/sec 2400Mpbs 2000倍速
160MB/sec 1280Mbps 1066倍速
150MB/sec 1200Mbps 1000倍速
120MB/sec 960Mbps 800倍速
90MB/sec 720Mbps 600倍速 V90
60MB/sec 480Mbps 400倍速 V60
30MB/sec 240Mbps 200倍速 クラス3 V30
22.5MB/sec 180Mbps 150倍速
20MB/sec 160Mbps 133倍速
15MB 120Mbps 100倍速
12MB/sec 96Mbps 80倍速
10MB/sec 80Mbps 67倍速 Class10 クラス1 V10
9MB/sec 72Mbps 60倍速
6MB/sec 48Mbps 40倍速 Class6
4MB/sec 32Mbps 27倍速 Class4
2MB/sec 16Mbps 13倍速 Class2

ざっくりとですが、速度を例えてみました。イメージとしてはこんな感じかな?

倍速表示 クラス表示 時速 身近な例え
13倍速 Class2 4Km
40倍速 Class6 12Km ママチャリ
67倍速 Class10 20Km ロードバイク
200倍速 UHSクラス3 66Km 一般道を走る自動車
600倍速 V9 200Km 普通のヘリコプター
2000倍速 666Km ジェット機

表記の見方

メモリカードの表面には、そのメモリカードの書き込み速度が複数の表記で記載されています。
この例では、スピードクラス10となっていますので、最低限10MB/秒の書き込み速度が保証されています。

UHSスピードクラスは3が表記されているので、UHS規格に対応している機器の場合は30MB/秒の書き込み速度が保証されます。

選ぶときは、まず機種を選ばないスピードクラスが10と書かれているものを選んでおいて、そのうえでUHS規格の書き込み速度が速い製品を選べば安心です。