F値ってなに?

カメラのレビュー記事や仕様表を見ていると、F値って単語がよく出てきますね。

F値っていうのは、レンズの明るさを表す数値なんです。

カメラは被写体の明るさを計測して、暗すぎず明るすぎず、その場に適したちょうど良い明るさの写真にしてくれます。
この時、光の量を調整する方法として、絞りとシャッター、ISO感度の3種類を利用しています。

F値は、この3種類の中の、「絞り」の量を表す数値なんです。

絞りは、光がイメージセンサーに入る光の量を、レンズの絞り羽根の穴の大きさ(光がとおる面積)で調整しています。

「えっ?さっき、レンズの明るさを表す数値って言ったじゃん!」

という声が聞こえてきそうですが・・・・

F値は、レンズの明るさを表す数値としても使います。

「どういうこと????」

レンズって、実は1枚じゃなく、何枚も重ねて作られています。

下記は一眼レフ用のレンズのイメージ図です。レンズの構成はレンズの値段やズーム幅に合わせて、メーカーが最適な製品になるよう設計されています。

特にズームレンズなんていうのは、何枚ものレンズが組み合わされています。

レンズって透明なんですけど、何枚も重なると光が弱まっていきます。

つまり、レンズそれ自身が光を弱めてしまうんです。

この光が減衰する現象を、カメラ用語で「暗い」と表現します。

レンズの減衰量が小さい=「明るい」、レンズの減衰量が大きい=「暗い」

という訳です。

絞りは穴の面積で、レンズはレンズ自身の透明度でという違いはありますが、ともにレンズから入ってくる光の量を調整するものなので、F値という単位を使っています。

イメージ的には

F値=レンズ固有の明るさ+絞り羽根の穴の面積

ということになります。

絞り値は光の量を積極的に調整するものですが、レンズはそれ自身の作りによって決まるため、調整できません。

本当は全く光が減衰しない(明るい)レンズが理想的なのですが、レンズ本体の大きさや値段を考慮して、ある程度の減衰は我慢しているのが実情です。